DK-Kawachiの日記と雑学ノート ホーム »からつ号
このページの記事一覧

2011年5月5日 筑肥の城を巡る旅33 高速バス「からつ号」で唐津へ  

WG後半遠征最終日は福岡県を飛び出し、佐賀県の東松浦半島にある唐津城と名護屋城を巡ります。

午前中は唐津城へ登城するのですが、現地への公共交通機関のアクセスは鹿児島本線~長崎本線~唐津線を利用した鳥栖・佐賀経由のルート、福岡市営地下鉄空港線~筑肥線ルート、昭和自動車の高速バス「からつ号」の3つ。

鳥栖・佐賀経由は現実的な選択肢でもないので早々に選択肢から外され、筑肥線ルートは以前乗っている事からありますが、唐津駅から唐津城までは距離があるため、今回は「からつ号」で現地入りする事にしまし、その中でも唐津城入口まで乗入れる便を選択しました。

早朝、チョックアウトしてから一旦博多駅へ向かって鞄をコインロッカーに預けて、天神BCへ。
天神バスセンターは西鉄福岡駅も乗入れるソラリアターミナルビルの3階に位置するのですが、手ざまな建物に無理矢理入れているような感のある構造のため、地上・地下からバスターミナルのフロアまでのアクセスが外地から来るものには非常の不親切で、とにかく使い勝手が悪いと言う印象を受けます。

のりばに到達したタイミングに合わせるかのように「からつ号」が到着。
「からつ号」は唐津側が大手口BCを経由して終点が高島への渡船が発着する宝当桟橋までなのですが、駐車場と挟んだ対岸に位置しています。
しかし天神バスセンターを7:21に発車する便が唯一唐津城入口までダイレクトに乗入れていることから、これに合わせる形で行程を組んだわけです。

7割ほどの乗車率で天神BCを出発。
長いスロープを出て新川橋交差点から渡辺通りを北へ進み、博多港側にある天神出入口から福岡高速1号線に入り西へ進みます。

20110505_showa_bus-04.jpg

しばらく博多湾を望みながら進み。

20110505_showa_bus-05.jpg

やがて福岡高速5号線と重福JCT.で合流し西九州道に入ります。

20110505_showa_bus-01.jpg

西九州道は一部区間が未着手であるため、前原IC.西方にある前原暫定出口(東交差点) で途切れ、ここから国道202号線に入ります。

20110505_showa_bus-06.jpg

深江ランプから西九州道の暫定活用道路である二丈浜玉有料道路に入ります。

20110505_showa_bus-07.jpg

浜玉町浜交差点で唐津バイパスを西へ進み唐津大橋を渡り唐津市街地へ入ります。

20110505_showa_bus-08.jpg

唐津バイパスに突き当たりに当たる瀬田原交差点から国道204号線を北へ進み、和多田本村交差点から市道に入り和多田駅前を通過して東町交差点から国道204号線の旧道に入り唐津市の中心部へ進みます。

建替え中のため、暫定の停留所となっている大手口BCでごそっと降車が見られ、気付くと残っているのは私一人・・・。
三ノ丸跡に建つ唐津市役所の前を通過し、坊主町・北坊主町交差点経由で三ノ丸跡北側へ回り込み、そのまま市道を東進し、二の門跡(二の門交差点)を過ぎると北側に早稲田佐賀中学・高等学校が近づき、学校の前にある唐津城入口到着。

ここで降車。

20110505_showa_bus-02.jpg

ここからは唐津城へ登城してきます。

→次に続く。
スポンサーサイト

category: 九州・沖縄地方遠征

tag: 昭和自動車  高速バス  からつ号 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

サイト更新情報Twitter

DK-KawachiのTwitter

Facebook

フォト蔵

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

OSAKAあかるクラブ

▲ Pagetop